自民党衆議院・白石徹が死去(死因・病名)。政治家の追悼コメント

愛媛出身の地元の英雄である、
白石徹さんが亡くなったようです。

自民党の衆議院として、
長く活躍されてましたが、
幾度も選挙から勝ち上がった実績は素敵です。

まだ60歳の白石徹さんでしたが、
亡くなった死因はなんだったのでしょうか?

病名や死因は一応明らかになっていますが、
その詳細は、まだ報道されていません。

白石徹が死去(死因・病名)。喪主と葬儀・告別式は?

どうやら白石徹さんの死因は、
「悪性リンパ腫」のようです。

まだ若いのに残念ですね・・・。

白石徹氏(しらいし・とおる=自民党衆院議員)17日午前10時ごろ、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去、60歳。

愛媛県出身。葬儀の日取りは未定。喪主は長男尚寛(よしひろ)氏。

早大理工学部卒業後、愛媛県議などを経て、2012年の衆院選愛媛3区で初当選し、2期目。環境兼内閣府政務官などを務めた。

白石氏死去に伴う愛媛3区の補欠選挙は10月に行われる見通し。 引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000105-jij-pol

葬儀や告別式の予定は未定のようですが、
喪主は長男の尚寛(よしひろ)さんのようです。

地元で愛された政治家だけに、
惜しむ方が多く現れることでしょう。

あともう少して61歳の誕生日だったんですね、
非常に残念です・・・・。

自民党衆議院として。政治家の追悼コメントは?

白石徹さんは実業家としての一面もあり、
実家の建設会社の取り締まりを務めたり多才な方でした。

早稲田大学の理工学部出身としてことで、
かなりの秀才です!

同じ学部出身の精鋭たちと、
もっと長く日本の未来を作っていってほしかったです。

白石徹さんといえば、
アベノミクスに賛成し、
ヘイストスピーチの法規制に反対。

また、ボランディア活動にも熱心で、
困った方の味方でした。

これから多くの追悼コメントが出ると思いますが、
白石さんの温かい人柄に触れた方の、
悲しみの声が多く届くと思います。

人気ブログの「愛・夢・感動のまちづくり」では、
2006年から熱心にブログを更新されており、
放置されることの多い著名人のブログに中でも、
マメに丁寧に更新を続け、多くの読者を獲得してました。

ブログの中での白石さんの写真は、
どれも素敵でかっこいいです。

これだけ笑顔が優しいおじさんになりたいですね・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加