天才棋士・藤井聡太も受けた「モンテッソーリ教育」とは?

対局の勝敗だけでなく、勝負おやつでも話題を集める天才棋士・藤井聡太さん。現在行われている将棋 タイトル戦では、藤井聡太さんが保有するタイトルの1つである、棋聖の防衛をかけた勝負が続いています。

将棋業界の歴史で見ても、藤井聡太 成績は圧倒的なものばかりですが、その強さの根源が何か気になりませんか?実は、藤井聡太さんが幼少期に受けた「モンテッソーリ教育」に、強さの秘密が隠されているかもしれません。

この記事では、モンテッソーリ教育がどういった教育であるかと共に、モンテッソーリ教育で期待できる効果をご紹介します。

モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育とは、イタリアで医師かつ教育家であったマリア・モンテッソーリによって、1900年初期に生み出された教育です。100年以上前からある教育にも関わらず、あまり聞き馴染みがないという方も多いのではないでしょうか。日本では、小学校入学前の幼児教育として取り入れられることが多く、藤井聡太さんも地元の愛知県瀬戸市にある幼稚園でモンテッソーリ教育を受けています。

モンテッソーリ教育は、「子どもには自分を育てる力が備わっている」という「自己教育力」の考えが根幹となっています。そのため、子どもが自由かつ自発的に活動することを尊重してあげることが、モンテッソーリ教育の特徴となっています。

モンテッソーリ教育は一般教育と何が違う?

モンテッソーリ教育は、子どもの自主性が重要視されていることが分かったと思いますが、具体的に一般教育と何が違うのか気になりませんか?ここでは、モンテッソーリ教育が一般教育と異なる点を4つご紹介します。

行事に割く時間が少ない

モンテッソーリ教育では、運動会なども設けられていますが、日常生活を大事にしているため、練習を行わないといった特徴があります。練習させることには、強要の概念が含まれており、子どもの自主性を阻害してしまう行為であるという考えに基づいているのかもしれません。

敏感期に適した環境を準備する

敏感期とは、ある特定の物事に対して強いこだわりを持つ時期のことです。モンテッソーリ教育では、子どもが熱中している物事に対して、満足して取り組める環境を準備してあげます。これにより、子ども自身で成長していくきっかけを与えることができます。

お仕事の時間が存在し、自由な個別活動が多い

モンテッソーリ教育には、お仕事の時間と呼ばれる時間が、1〜3時間程度設けられています。お仕事の時間では、自分の好きな教具を用いて自己形成に励むことが目的です。教具には、本物のアイロンやマッチなど、一般の幼稚園では子どもに持たせることがない物も含まれています。

クラスは縦割り編成

モンテッソーリ教育では、3〜6歳で1つのクラスを作る縦割り編成を採用しています。これによって、年上の子と年下の関係が形成されやすくなり、社会性を学ぶことができます。

モンテッソーリ教育を受けることで期待できる効果

ここでは、モンテッソーリ教育を受けることで期待できる効果を4つご紹介します。

子どもの好きなことや得意なことを伸ばせる

モンテッソーリ教育では、子どもたちが自由に活動できるため、好きなことや得意なことを見つけやすい環境が整っています。さらに、好きなことや得意なことに集中して取り組むこともできるため、これらの個性を伸ばしていくことができます。決まった時間に決まったことを教わる日本の一般的な教育環境では、実現しづらい効果ですね。

自主性や積極性が身につく

大人は子どものサポートをするだけであるため、子どもはどういった活動をしていくか自分で考える必要があります。そういった過程の中で、自主性や積極性が身につき、成長していくことができます。

集中力が身につく

皆さんの中にも、「趣味には没頭できるけど、勉強は嫌で集中力が続かない」という方がいらっしゃるのではないでしょうか。子どもも一緒で、嫌いなことや苦手なことを強要しても長続きしません。モンテッソーリ教育では、子どもは好きなことに全力で取り組むことができるため、集中力が身につきやすいです。

情緒が安定する

大人が強要することはないため、子どもはやりたいことを存分にできます。これによって、駄々をこねる機会がなくなり、情緒が安定します。また、物事の始めから終わりまでを一人でこなせるようになることで、予期せぬことが起きても慌てることなく、臨機応変に対応できます。

まとめ

今回は、藤井聡太さんも受けていたモンテッソーリ教育についてご紹介しました。モンテッソーリ教育によって、好きな将棋を続けると共に、集中力や冷静な判断力を身につけることができたため、今の藤井聡太 成績があるのではないでしょうか。今度の藤井聡太さんの将棋 タイトル戦では、どの場面でモンテッソーリ教育が生かされているのか、考えながら見るのも面白いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加