2013年の10月3日にこの世を去った有名なクリエイターである、

トム・クランシーさんを悔やむ声が多くの場所から飛び交ってる。

トム・クランシー 画像2

ビデオゲームでは「ジャック・ライアン」のシリーズや、

小説では「ネットフォース」シリーズを作った。

 

クランシー氏は保険代理店で働きながら、空いた時間に小説を書いていた。

そして、軍事シミュレーション小説などのがアメリカ政府などに絶賛され、

オリジナルティ溢れる作品を、この世にたくさん送り出していた。

 

トム・クランシーさんが書いた小説は、いくつも映画化され、

その脚本にはカリスマ性があり、多くのクリエイターに影響を与えた。

 

ゲーム業界には、その物語のストーリー性の大切さを浸透させ、

日本のゲーム業界にも、クランシーさんを惜しむ声は多い。

 

この先の時代、クランシーさんの功績は更に大きく、

後の世代に語り継がれることでしょう。

才能あるクリエイターの死を、

僕たちはムダにしてはいけない。

 

 

おすすめの記事
GACKT
ヴジュアル系ミュージシャンとして、 公の場ではメイクをして登場するGackt。 そんなGacktのすっぴん姿が気になる人が多いようです。 な...