シーボルトとイネの関係に感動!

スポンサーリンク

シーボルトとイネの関係に感動!シーボルトとはドイツ出身の歴史的に有名な医者であり、
イネとは、その娘の楠本イネさんのことである。

イネさんは、相当の美人であったが、生涯独身のまま人生を終えた。

父のシーボルトと同じ、医者の道を歩み、東洋人として史上初めて、

西洋の医学や医者道を学んだ人として知られている。

シーボルト イネ 画像

実はイネは、シーボルトとの思い出はほとんどない。

スポンサードリンク



それは、イネが2歳の頃に、父・シーボルトは国禁になっており、

なかなか再会できなかった。

ドラマの「仁」の内容は現実にはないに等しく、

実際はもっと、過酷な人生を歩んだとされている。

美人が損する時代も過去にはあり、その時代を語るとき、

この楠本イネさんの話をすればわかりやすいですね。

シーボルトは最後まで、このイネに会いたいと思っていたらしく、

自分の弟子などに、よくイネの話をしていたみたいです。

シーボルトは追放されてから30年後にイネと再会しますが、

そこでシーボルトのとった行動により、親子の仲は険悪になります。

女好きな男が家族を壊すのは、昔から同じなんですね。

シーボルトに限っては、家族だけでなく、

その仕事に関しても、大きな損害をしたとされてます。

歴史から、疎遠になった親子の話などを聞くと涙が出ますね。


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です