ソフトバンクにて今季ホームラン量産中の柳田悠岐選手。
打撃だけでなく、走塁と守備もハイクオリティにこなす様に、
今季のMVPの期待までされてます。

柳田悠岐彼女噂

柳田悠岐選手は女性に人気ですが、
その魅力は甘いマスクと筋肉のギャップ!

柳田悠岐さんの筋肉はユニフォームの上からでもわかるほど大きく、
まる漫画の主人公のような男なのです!

筋肉マンが好きな彼女がいれば柳田悠岐のモチベーションアップ!

ただ、現在のモテる男のトレンドは細マッチョ。
一般的には柳田悠岐さんのようなタイプよりも、
今宮選手のようなタイプの男性のほうがモテることでしょう。

それでも、筋肉フェチの女性は少なからず生き残っており、
柳田悠岐さんが彼女にするなら、その類の女性にするべきです!

筋肉好きな彼女の存在があれば、
単純そうな性格の柳田悠岐さんは、
今まで以上に必死になってトレーニングに励むことでしょう!

やはりホームランには筋肉が必要?柳田悠岐の証明

かつて、巨人で活躍していた清原和博さんは、
「肉体改造」と評し、筋肉を大きくしました。

打球の飛距離自体は伸びたものの、
今まであった柔らかいバッティングができなくなり、
さらに、肉離れなどの怪我が増えてしまたのです。

その結果、野球選手がホームラン量産の目的で、
筋肉を余計に大きくすることは、よくないとされていました。

しかし、ここ最近の柳田悠岐さんの活躍を見ていると、
その筋肉の強さによる恩恵にも思える、思いっきりの良い打撃で、
「やはり、ホームランには筋肉が必要だ」と、これまでの風潮をかき消しそうです。

柳田悠岐筋肉ホームラン

頼り甲斐のある肩幅に、頼もしい胸板。
柳田悠岐さんは打席に立っているだけで、威圧感があります。

正直、野球ファンとしても、
ホームランバッターが筋肉マンなのは、
キャラが立って、わかりやすくで好きです!

清原選手だって、数字は落としたものの、
筋肉キャラとしてのユニークさは最高だったのですから!

スポーツ, プロ野球の関連記事
  • 神奈川の平塚工科から十二真緒がプロ志願提出。未来の女子プロの卵!
  • 西川遥輝の彼女は誰だ?車のポルシェにそっくりな可愛い系イケメン!
  • 谷繁元信の離婚疑惑の理由。息子は桐蔭で高校野球を満喫!引退はすると・・・
  • 柳田悠岐は筋肉好きな彼女を作るべき!自慢の筋肉でホームランも幸せも量産せよ!
  • 松中信彦は現在でもあの自宅に住んでいるのか?性格の良さで引退は寂しい!
  • 中京大中京の上野翔太郎の進路。大学進学でドラフトはなし?Twitterでは彼女になりたい人たくさん
おすすめの記事
歴史上の人物
シーボルトとはドイツ出身の歴史的に有名な医者であり、 イネとは、その娘の楠本イネさんのことである。 イネさんは、相当の美人であったが、生涯...