多く人が会員登録をし、ネット社会の中心になりつつあるFacebookだが、

使い方を間違えると、予期もせぬ問題に打ち当たることもある。

今日はここで、そのFacebookのデメリットや危険性をまとめてみる。

Facebookのデメリット

・家族に秘密がバレる

Facebookでは、独自のアルゴリズムで簡単に同性愛者が見つかったり、

口の軽い友達のコメントで、自分の秘密がバレてしまう。

 

・就職できない

日本では、Facebookの書き込みの内容次第で、内定を取りやめるケースもある。

さらに、イギリスでは、Facebookに登録してる段階で、内定を見合わせる企業も増えている。

 

・鬱になりやすい

特に女性は会話に夢中になりすぎて、ネットの世界と現実の世界のギャップに苦しむそうです。

 

・離婚などの裁判で不利になる

何かと証拠や矛盾、嘘が発覚する可能性のあるサービス内容なので、

もし、何かの裁判になったときに、フェイスブックの登録内容や書き込み次第で不利になる。

 

・保険や手当が取り消される

SNSなどに健康で健全な自分を披露していると、

保険会社に見つかり、支払いがなくなったりする。

さらに、何かの手当を受けてる人は、外される可能性がある。

 

・債権者が資産を監視する

銀行などの貸し主が、あなたの生活を監視し、財産に目を光らせることが可能です。

 

・ストーカー被害が拡大

昔の恋人や、自分に思いを寄せてる誰かに、自分の情報を抜かれ、ストーカー被害にあいます。

 

・訴えられたり、逮捕されたり、中傷されたり。

ネットの世界ということで、気が大きくなる、大胆な書き込みをしてしまい、

その結果、訴えられたり、逮捕されたり、中傷の対象になったりします。

 

以上、Facebookに潜む危険とデメリットでした!

関連キーワード
その他の関連記事
  • 青根小学校(神奈川最古)が全焼。火元(出火原因)と怪我人は?著名(芸能人)な出身者(OB)と生徒数
  • ヴォルデモートの発音は違う?俳優と鼻の特殊メイクの撮影について
  • 光岡ディオンはハーフ?子供の身長が高い!ファンからのストーカーに注意(笑)
  • 収入よりも愛!渡辺ヘルムートさんの嫁さんとハーフ疑惑について。
  • クリミナルマインドの声でお馴染みの声優「小川真司」さんの体調不良はいつから続いていたのか?
  • 人気のオランダ料理「ハーリング」
おすすめの記事
GACKT
ヴジュアル系ミュージシャンとして、 公の場ではメイクをして登場するGackt。 そんなGacktのすっぴん姿が気になる人が多いようです。 な...