町田友潤が早稲田にいればドラフト指名されていた?現在はヤマハを退部。

スポンサーリンク

町田友潤が早稲田にいればドラフト指名されていた?現在はヤマハを退部。2007年と2008年の常葉菊川のセカンドといえば町田友潤さん。
町田友潤さんは抜群の守備センスと、一発のある打撃で、高校野球ファンを魅了していた。

町田友潤ドラフト2015

そんな町田友潤さんは常葉菊川を卒業した翌年に、
六大学の名門・早稲田大学に進学しているが、すぐに退部・退学している。

町田友潤選手の退部を知った多くの人は、
「なんであの町田くんが!?」
「もったいない・・・プロで見たい」
と残念に思っていました。

しかし、そのあとに、
社会人野球のヤマハにて復活を果たしました!

スポンサードリンク



もし町田友潤くんが早稲田で活躍していたら?

今では動画サイトなどで、
町田友潤の甲子園でのファインプレーをまとめた動画が人気。

ネットにアップされている町田友潤さんの守備を見て、
そのコメント欄は、守備センスに驚愕する声ばかり。

ただ、常葉から早稲田に進学した後に、
町田友潤くんが退学していたことを知ると、
「絶対にプロいけたよね・・・」と、
そのプロになっていたであろう将来を残念がる人が多かったのです。

確かに、町田友潤選手が満期早稲田に在学し、
3年か4年でレギュラーを掴んで活躍していれば、
プロに指名されていた可能性が高いです。

町田友潤選手は、高校時代から、
守備力はすでにプロ並みと言われていたので、
ドラフト指名に課題を挙げるとしたら打撃でした。

しかし、その打撃も、実はパワーもあり、
2007年の春選抜の決勝ではホームランを放っていました。
本数こそは少ないものの、チャンスでの勝負強さもあったので、一時期は3番を打っていたりもしてました。

町田友潤早稲田

プロでホームランを量産する選手も、高校時代にも量産してたとは限らないので、
上のレベルで、さらに開花する可能性はいくらでもありましたね。

現在の町田友潤くんはヤマハを退部し引退

町田友潤さんが引退したニュースは、
多くの人のショッキングを与えたことでしょう。

この先、町田友潤くんがプロに入る姿を想像していた人は多かったでしょうし、
プロといわず、どこの世界でも見てみたかったと、非常に残念です。

町田友潤ヤマハ

ヤマハでは高校時代の同級生、
戸狩投手と一緒だったので、
また二人が同じグランドで活躍する姿がみたかったです。

この先の町田友潤さんが何をするのかわかりませんが、
野球に関わることもしてほしいと思いますね。

母校の常葉菊川も再び甲子園に顔を出すようになったので、
町田友潤の遺伝を受け継いだフィールドプレイヤーが出てきたほしいです。


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です