千葉翔太の現在は日本大学!ドラフトは狙えるのか?

スポンサーリンク

千葉翔太の現在は日本大学!ドラフトは狙えるのか?2年前の夏の甲子園で、脚光を浴びた、
花巻東の千葉翔太選手。

千葉翔太現在日大

千葉翔太選手は、小柄な体で、
「カット打法」と言われる、
四球か甘い球がくるまで、
ひたすらファウルで粘るスタイルで話題になりました。

そんな千葉翔太選手は、甲子園で勝ち上がっていくと、
カット打法を注意され、最終的には自分のバッティングができずに敗退してしまい、

その際、
「自分の野球ができなかった」と悔しがる姿に、
多くの高校野球ファンが同情しました。

千葉翔太の現在は日大

千葉翔太選手は、花巻東を卒業すると、
日本大学に進学し、野球部に所属しているようです。

高校野球の頃はドラフトも期待されていましたが、
日大にいる現在は、レギュラーになるためコツコツ頑張っているみたいです。

日本大学野球部は良い選手が多いですが、
3年生か4年生になる頃にはレギュラーになれると思います。

また、大学でもあのカット打法が見てみたいですね!
これからの大学での活躍が期待されてます。

スポンサードリンク



佐藤涼平先輩に似たプレースタイルだった千葉翔太

千葉翔太選手は、非常に小柄な体で、
粘りつよく出塁を目指していたので、
かつて、同じく花巻東にいた、
佐藤涼平選手に似ているとも言われてます。

佐藤涼平選手も、
小さな体で、甲子園で活躍。

きっと、千葉翔太さんも、
小さい頃に憧れたことでしょう!

プロ野球選手以外で、
先輩後輩で憧れや尊敬が見えるのって、
なんか素敵ですね!

外野というポジションや、
脚の早さなど、
あまりにも共通点が多いため、
千葉翔太さんが話題になったのと同時に、
佐藤選手の話題も増えました。

自分は佐藤涼平選手のことが大好きだったので、
あのときに再び名前をよく聞いて、嬉しかったのを覚えてます。
そういえば、千葉翔太さんは、
ランナーで出塁した際に、
2塁からバッテリーのサインを盗むという疑惑をもたれ、
そちらのほうでも話題になりました。

これは昔ながらの野球なら当たり前のプレーだったのですが、
現在の高校野球では珍しかったですね・・・。

しかし、あのプレーがあそこまで騒動になるとは、
あのとき驚きました!!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です