高橋洋子がDAIGOに「エヴァ」の歌!「旅の重さ」の女優・高橋洋子とは別人!

スポンサーリンク

高橋洋子がDAIGOに「エヴァ」の歌!「旅の重さ」の女優・高橋洋子とは別人!24時間テレビのマラソンにて100キロを走ったDAIGOさんに、
歌手の高橋洋子さんが、大ヒットアニメ「エヴァンゲリオン」の、
「残酷な天使のテーゼ」の歌をプレゼントしたことで話題になりました。

高橋洋子残酷な天使のテーゼ24時間テレビ披露

DAIGOさんが高橋洋子さんのファンというわけではなく、
高橋洋子さんがDAIGOさんのファンということで実現したそうです。

意外な大物歌手からのプレゼントということで、
完走を果たしたDAIGOさんはびっくりしていました。

視聴者の多くも、まさかのエヴァのテーマを、
24時間マラソンの終盤で聴けると思ってなかったので、
高橋洋子さんが出演した直後に、一気に話題になったのです!

高橋洋子(歌手)はなかなかテレビで歌わない人?

今回、高橋洋子さんが24時間テレビで歌った、
「残酷な天使のテーゼ」は古くからファンの多い曲

アニメ好き、カラオケ好きにかかわらず、
近年では普通の若者の間でも聴かれてる名曲なのです。

「残酷な天使のテーゼ」は1995年に発売され、
未だにダウンロードランキングに食い込む長年のヒット曲

しかし、歌手の高橋洋子さんはなかなかテレビにて、
このエヴァのテーマ曲を披露することもないので、
今回、24時間テレビの中で歌われたことは、
長年のひそかなファンにとっては衝撃的だったのです。

現在48歳になる高橋洋子さんは、
歌手としては劣化したと噂され、
もう、以前のように「残酷な天使のテーゼ」が歌えないと、
心無い噂が蔓延していたので、
今回テレビで完璧に歌い上げたことで、その噂を一掃することができました!

しかし、テレビ局も、目の付け所が年々変わっていきますね。
メジャーでない歌手で、うまく世間に衝撃を与えたことでしょう。

あまり高橋さんのことを知らなかった人は、
今回の24時間テレビでの彼女の歌唱力に驚愕したことでしょうね。

スポンサードリンク



「旅の重さ」の主演女優の高橋洋子とは同姓同名

歌手の高橋洋子さんと、女優の高橋洋子さんが混じってる方がいるようです。
どちらも同姓同名ということで、それは仕方ないことでしょう。

一部の人は、「え?エヴァの高橋洋子って女優に転身したの?」と誤解してたとか・・・。
確かに、歌手から女優になる方は多いので、そのような勘違いをしても不思議ではないです。

ちなみに、女優の高橋洋子さんの代表作は、
デビュー作である1972年公開の「旅の重さ」です。

女優高橋洋子旅の重さ

「旅の重さ」の内容は、
16歳の少女が実家を離れ、
家出とも言い難い、放浪の旅に出る話です。

母への手紙の内容に沿って、
16歳の純粋な気持ちが描かれていて、
挿入歌には吉田拓郎さんの「今日までそして明日から」が使用されてます。

旅好きな40代50代の方の良いモチベーションになっている映画で、
旅行に出る際に「旅の重さ」を鑑賞するという方が多いのです。

また変わった形の愛など、当時の若い子には新鮮な映画だったのです。
劇中のセリフで、「この生活には何はともあれ愛があり、孤独があり、詩があるのよ」
という言葉があり、名言としてよく登場します。

歌手の高橋洋子さんの「残酷な天使のテーゼ」も、
女優の高橋洋子さんの「旅の重ね」も、
何年経っても色あせない名作として、
現代に生きる人の活力になっているのです。

古い作品に帰りたくなるときが増えて最近、
久しぶりに高橋洋子さんが脚光を浴びたのは嬉しいことです。


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です